デッサンいついてのコラム その24

ギラギラ太陽が大活躍な夏ですね~

さて今週のコラムはとっておき!

「絶対上手く描ける秘密」という実にウサン臭い内容でお届けしましょう。

皆さんは、デッサンを描くとき、どんな気持ちで描きますか?

「今日こそ上手く描きたい!」

「もしかして、すごいいい絵が描けるかも?」

などと、ワクワクしてテンション高めな気持ちなのではないでしょうか?

このコラムでも、実際の授業でも詳しく説明していますが

過度な期待は必ず、空回りを起こします。

特にデッサンは出だしの描写で絵の出来がほぼ決まってしまうというもの。

さあ、では絶対上手くいく秘密の作戦を今日は特別にあなただけに

教えちゃいましょう(怪しい?)。

秘密の作戦 ★絶対に下手に描かない★

これが秘訣。

どうです?これだけ?なにそれ~という声が聞こえてきそうですが

皆さんは上手く描くにはどうしたらいいのか、上手く描いたことがあまり無い人

ほど知らないはずです。

知らないもの、持っていない道具は使えないのです。

では反対に持っている道具とは何でしょう?

それは下手に描いてしまった経験です。

初心者の方ほど下手に描いてしまうので下手に描いた経験を

どんどん積み上げていきます。

「こうすると上手くいかないなぁ」「ここで焦ると失敗するんだ」などなど

こういったことの全ての失敗の経験が皆さんの実力そのもの。

いつも上手くいかないというあなたは本当はすごい実力の持ち主。

でもどうでしょう?上手くいかなかったことはあまり使っていないのでは

無いでしょうか?

誰もが上手くいかない自分を見ることは格好の悪いことなので

あまり向き合いたくない不都合な事実です。

上手く描けたキラキラした夢物語を想像してしまうと、、、

以前にもお話しましたがデッサンの世界は一切のごまかしが

通用しないリアルで純粋で厳しい世界。

格好悪いことにちゃんと向き合って描いた人(下手に描かない様にした人)

描けるようになった空想の自分を夢見ている人(上手く描こうとする人)

きっと、絵に結果が出てくると私は思います。

教室では格好悪いところをどんどん指摘しているので

皆さんどんどん上手になっています!(意地悪講師が教えているので)

そんなこというとなんだか楽しく無さそうですが

絵がすべてをあらわしています。

のぞいてみたくなった方は↓の生徒作品のページをご覧ください。

























[PR]
by ekodaohashiya | 2018-07-23 10:39 | 絵のはなし  | Comments(0)